痴呆症と認知症は違う病気なのか?

認知症と痴呆症は名商が異なる病気ですが、この2つには違いがあるのでしょうか。

 

認知症と痴呆症

 

結論から言いますと、認知症と痴呆症は全く同じ病気を指しています。近年では認知症という言葉が浸透していますが、一昔前までは痴呆症という言葉を聞いたことのある方は多いと思います。

 

同じ病気なのに何故名称が異なる2つの言葉があるため、認知症と痴呆症は違う病気なのかと思ってしまう方も少なくありません。この2つの言葉はどのようにして出てきたのでしょう。

 

認知症という名称が出てきた理由

 

現在の認知症は昔、痴呆症という言葉で呼ばれてきました。しかし、近年に入り痴呆症という言葉に差別的な意味があるという意見が多くなってきたため、2004年に厚生労働省の検討会が名称の公募などを行い、痴呆症を認知症という名称に改変を行いました。

 

この2004年の決定以降、病院や行政用語、様々なメディアで痴呆症という言葉は使われなくなり、認知症という名称で統一されるようになったのです。痴呆症は認知症の旧称であり、内容は全く同じものなのですが、このような流れがあり現在では認知症という言葉で広く使われるようになったのです。

 

全く言葉が違うものなので、しばしば混乱を招いてしまいますが、この2つは同じ事柄を指すものであること、痴呆症という言葉は差別的なニュアンスがあるため改称されたという背景があるのです。もし公の場などで認知症のことを話題にする場合、痴呆症という言葉で病気を説明しないように気を付けましょう。