痴呆症を防ぐための生活習慣方法

生活習慣や食生活の変化で、現代社会人の問題の一つとなっているのが生活習慣病です。生活習慣病は様々な病気の原因となりますが、痴呆症もその一つです。

 

痴呆症は脳の血管に障害が起こることで発症します。生活習慣病の中でも、糖尿病や高血圧などは血管に負担を与えてしまい、結果として痴呆症に繋がってしまう場合があります。

 

しかし、生活習慣病は普段の食生活や生活習慣を見直し改善することで、自分で予防をすることができます。
今回は、痴呆症にならないための生活習慣方法をご紹介します。

 

こまめに運動する

 

こまめな運動は身体の健康を作り、病気を未然に防ぎます。普段身体を動かす習慣のない方は、まず身体を動かす習慣を身に付けるようにしましょう。

 

最初は軽いウォーキングから始め、時間や距離などの縛りはなしで毎日つづけられるようにしましょう。運動をする時間のない方は、通勤や通学に徒歩を取り入れてみたり、合間に軽いストレッチをするなどの工夫をしましょう。

 

食生活を見直す

 

食事は身体の土台を作ります。バランスの取れた食事をするように心がけましょう。まず1日の食生活を振り返り、野菜や果物類をしっかりと摂取しているか、脂物ばっかり食べていないか、栄養バランスが偏っていないかをチェックしましょう。

 

甘いものばかり食べている方は糖尿病のリスクが高まります。日常的に甘いものを食べている方は徐々に減らして控えるようにしましょう。

 

生活習慣の見直し

 

喫煙、過度なアルコール摂取、ストレスは生活習慣病の原因となります。これらに当てはまる生活をしていないかチェックし、当てはまる方は改善するようにしましょう。