物忘れと痴呆症の違いとは?

物忘れと痴呆症は、症状が似ていることから間違えられやすいものですが、その原因や症状の進行具合などは異なります。今回は、物忘れと痴呆症の違いについてご紹介します。

 

物忘れ

 

物忘れは加齢による脳の衰えが原因で起こります。病気ではなく、ほぼ全ての方に起こるものです。脳が衰えることで物忘れが激しくなる、ということはありますが、全体的に見て症状はあまり進行しません。

 

また、忘れたことでもきっかけやヒントなどがあれば多くの物ごとは思い出すことができます。自覚症状もあり、物忘れにより判断能力が衰えることはないので、日常生活に大きな支障はありません。

 

痴呆症

 

痴呆症は脳の神経細胞に異常が起こることで発症する病気です。神経細胞が変質したり破壊されることで起こります。適切な対処や治療を行わないと症状はどんどん進行してしまいます。

 

また、物忘れとの大きな違いは、患者自身に自覚症状がないことです。痴呆症で物事を忘れるということは、その事実自体を忘れてしまうということで、記憶がすっぽりと抜け落ちてしまいます。つまり、その記憶自体が最初からなかったことと認識してしまうのです。

 

このため、日常生活には大きな支障をきたします。自身の記憶と周りの記憶や記録との齟齬が出るため、混乱を招いたり、場合によっては人間としての健全な生活が送れなくなってしまいます。また、記憶が根こそぎなくなってしまうことにより、判断能力が大きく低下します。